稼動事例 - 現場で出た廃棄物をその現場内でリサイクル

現場から選ぶ 機種から選ぶ
自走式破砕機 ガラパゴス
富士山・大沢崩れの土砂を地域づくりに再利用する
新たな破砕プラントでダム工事を支える製品を供給
新機種導入で時代の先へ
過酷な環境下で活躍
大規模な固定式プラント設備が不要に。モービルクラッシャー工法が砕石を変える
リサイクルで社会貢献を
生産量、メンテナンス、コストの問題をクリア。進化するガラパゴス工法
従来機に比べ作業能力が格段にアップ。機械のプロが評価する新型ガラパゴスBR380JG
リサイクルがビジネスの本流のひとつになるためには、自走式破砕機が不可欠だ
先行き不透明な土木・建設業界の将来を建設資材の自給自足によって切り拓く
大規模な土地区画整理事業に、歴戦のBR300Jと最新鋭のBR350JGを同時投入
プロジェクト工事の埋め立て土砂出荷量の増大にともなってBR550JGを導入
広大なニュータウン造成現場を自走移動しながら、ガラパゴス工法で100%再利用
これからの解体現場のあり方。大型モービルクラッシャを解体現場に導入し、工期短縮・生産量アップでコストを大幅低減
大規模工場の土間はつりで発生したコンクリートガラをBR350JGで破砕し、場内の埋め戻し材としてリサイクル
積極的な営業展開でお客さんが求める山砂をつくり、さらに製品の付加価値を上げる
都市のビル解体で発生するガラのリサイクルに、ガラパゴスが抜群の威力を発揮