製品紹介 - 現場循環型工法に対応したリテラ・リフォレをはじめとしたガラパゴスシリーズ

  製品紹介 > 自走式土質改良機 BZ120-1
自走式土質改良機

使いやすさと高性能を両立させた、コンパクトなリテラ

リテラ

BZ120

土質を選ばず広範囲な建設発生土を高品質な改良土にすることが出来ます。建設発生土処分費、新材購入費、運搬費を大幅に削減。現場のそばで、ミニプラントとして稼働でき、運搬車両、人員の省力化を実現。

運転質量(kg) 10700
定格出力(kw/rpm) 64〔87PS〕/2200
寸法
全長(mm) 9150
全高/全高(輸送時)*1(mm) 3895/2725
全幅(mm) 2440
最低地上高(mm) 280
エンジン
名称 コマツS4D102E
形式 直噴+過給機
総行程容積(リットル)〔総排気量〕 3.92〔3920cc〕
混合機性能
混合方式 ソイルカッタ+3軸ロータリーハンマ
原料土ホッパ容量(m3) 1.3
最大異物塊寸法*3(mm) 200
固化材ホッパ容量(m3) 1.25
固化材供給量調節範囲*3(kg/m3) 20〜180
本体性能
走行速度(前・後進共)(km/h) 2.7
登坂能力(°) 25
接地圧(kPa) 52〔0.53kg/cm2〕
各部装置構造
標準シュー形式 トリプルグローサ
シュー幅(mm) 450
履帯中心距離(mm) 1900
接地長(mm) 2235
クレーン吊上能力(ton/m) 1.23ton/1.6 1.03/3.5
クレーンブーム長(m) 2.59〜6.4
油類の容量
燃料タンク(リットル) 240
作動油タンク(リットル) 130
標準 ●3アタッチメント配管 ●ラジコン装置
オプション ●2次ベルトコンベア ●3次ベルトコンベア ●振動ふるい ●作業量記録装置

*1)輸送時は固化材ホッパと上部ステップを取り外す必要があります。

*3)レキ等の異物を多く投入すると混合機の寿命が低下する場合がありますので、出来るだけ除去してください。

特徴

  • 一定量の原料土を混合部へ送り込む。
  • 土質に応じた添加量で固化材を定量的に添加。固化材添加量は任意に調節可能(20〜180kg/m3)
  • 混合機に入った土をソイルカッタにより切削混合。
  • さらに3軸ロータリーハンマが原料土を細粒化し、固化材と均質に混合。
  • 排出高さ2.5mのロングベルコンにより、ストック量も十分確保。