Home  >  コマツハイブリッド  >  コマツのテクノロジー

コマツのテクノロジー

コマツの物づくりの基本は「オールコマツ製」。企画、設計、試作・品質確認、製造、すべてコマツ自身が手掛けています。
お客様の声を基に全体構想計画を立て、計画に基づき詳細を設計します。新機種の設計は、全て3DCADを用いて設計されており、全ての設計者が3DCADを用いて設計も内製をしています。
その後、試作機を作成し、試験センタや試験場で数千時間にわたる試験を実施します。ここで、徹底した品質確認と、耐久試験を繰り返したうえで量産しています。
また、製造部門でも、キーコンポーネント(エンジン、油圧モーター、油圧バルブ、減速機、スイングサークルなど、建設機械の性能を左右する重要な部品)も全て内製化しており、組立だけでなく全ての工程で、「品質と信頼性」を実現しています。
コマツ製品が完成した後も、お使い頂いた皆様の声をカイゼンにつなげ、「理想の建設機械」を作るために研究開発を続けています。

製品開発
  • 大阪テクニカルセンタレポート
  • コマツ大阪工場