KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
HOME
SAISEKIコラム 品質管理

高品質化に挑む(12)/関東宇部コンクリート工業の取り組み/トラブルへの対応/情報共有し「異常」防止

技術的な話題からは少し外れるが、生コン製造にかかわる種々のトラブルについての話題を提供させていただきたい。
工場での出荷時検査や現場での受入れ時の検査での品質異常による廃棄、製造設備故障での出荷不能等による損失をゼロにすることは永遠のテーマである。現場での返品や品質が不安定な状態が続けば、工場の信用失墜により受注の機会が減るばかりでなく、複数工場を持つ当社の場合には全社的に波及することが予想される。
当社では異常を減らし、技術レベルを上げるために、こうした異常情報を私のところに集約するようにしている。異常とは、ユーザーからの品質や納入にかかわるクレーム・返品はもちろん、工場内で生じた品質不適合や設備故障、輸送にかかわる事故など、大小にかかわらず生コンの製造から納入までのすべての段階で生じた不具合としている。得られた情報の要約を、時々いやみな所見をつけて他のグループ工場のほか、営業や技術支援部門へもメールを利用して発信している。情報の共有化による類似異常の防止を狙って。
05年度から取組み始めたが、グループ10工場全体で毎年200件以上の異常報告がある。この数字を異常に多いと思われる方もおられると思うが、大小にかかわらず報告の徹底をしている結果と理解していただきたい。
図1に大分類として品質、製造、運搬にかかわる報告の割合をしめすが、品質と製造が30―40%、運搬が20%である。図示していないが、首都圏の湾岸に立地する工場は品質と運搬の割合が高く、内陸の工場は製造の割合が高い。湾岸工場は普通強度から高強度まで多品種のコンクリートの出荷があり、また、距離に比べて運搬時間が総じて長く、渋滞などによる変動も大きいため、品質変動の想定から外れることが多く、異常を生じやすいと考えられる。
製造にかかわるものはほとんどが設備の故障であり、立地よりも老朽化の影響が大きい。まれに生コンが切れるといった苦情も受ける。出荷係の技量として電話対応も重要な要素である。予定どおりの車を準備したが現場の開始時間がずれて重なる場合が多い。
図2に品質にかかわる異常の内訳を示すが、スランプが半分、空気量と硬化コンクリートが20%程度である。スランプと空気量は出荷開始直後の、サイロ内の細骨材の表面水の変動の影響を受け易い時間帯に多く、工場での検査で異常になる場合がほとんどである。現場でダメで返品になるのは上述の理由により湾岸の工場が多く、内陸の工場は非常にまれである。ほとんどといってよいと思われるが軟目の希望が多く、出荷時の目標範囲を狭くする必要があり対応が非常に難しい。実績を如何に反映させるかが重要である。荷卸し時に規定の範囲内であっても、変動が大きいとか、硬くて打てないとかの苦情も起こる。混和剤を遅延形に変えるような季節の変わり目で気温が上がらない場合なども起こり易い。硬化コンクリートはひび割れや色、強度は現場の工程管理に使う現場水中や封緘の初期強度が低いなど、生コンの管理では想定しにくい苦情がほとんどである。
運搬にかかわる異常の内訳を図3に示すが、運転操作ミスが多い。交通事故も時々あるが、狭い現場で仮設物に接触する事例も多い。また、アジテータ車のドラムの操作レバーが立ち木に接触して洗浄水が排出されて汚す事例もある。生コンの輸送中は逆転防止ロックを掛けるが帰りに忘れるといったケース。納入にかかわるものは最近は少ない。以前は保護具の未着用もあったが、最近は教育がなされ、マナーが良くなっていると思う。
現実としてなかなか異常は無くならないが、現場での返品件数とその量はこの間に20%減少した。小さな異常も報告される(隠さず報告する雰囲気ができた)ので、問題が大きくなる前に課題として捉えることができる。情報共有化の効果として、工場内、工場と関係個所の意思の疎通が良くなった。製造にかかわる苦労が営業に伝わるようになり、クレームが発生した場合に営業と工場、そして我々の技術支援個所が一体で迅速に対応する。言い換えれば当然の対応ができるようになった。副次的には、製販技の一体的な対処によりユーザーからの信頼度が向上したのではないか。また、簡単な報告書であるが若手の文章力の向上も。
本連載では生コンに在籍する小職が取り組んできた品質安定、特殊コンクリート、新材料に関する技術を12回にわたり紹介させていただきました。多少なりとも参考にしていただけましたでしょうか。今後も当社技術センターを活用してタイムリーな課題に取り組みたいと思っております。(松永篤=関東宇部コンクリート工業取締役常務執行役員・技術統括部長。この連載は今回で終わりです。)

品質、製造、運搬に関わる異常の発生割合(図1)
品質、製造、運搬に関わる異常の発生割合

品質にかかわる異常の内容(図2)
品質にかかわる異常の内容
運搬にかかわる異常の内訳(図3) 
運搬にかかわる異常の内訳

出典:コンクリート工業新聞 2009年6月18日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2009 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ