KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 品質管理

経産省「砕石及び砂利の出荷基準に関する専門検討会」出荷基準案まとまる

経済産業省は2月28日に「砕石及び砂利の出荷基準に関する専門検討会」の第2回会合を開き、砕石および砂利の出荷基準(案)を審議した。その結果、砕石を出荷できる暫定的な出荷基準値を「放射性セシウムの平均濃度(セシウム134およびセシウム137の合計値)が100Bq/kg以下」とすることとし、3月からパブリックコメントにかけることを決めた。
出荷基準値については、各委員から現存被爆状況や国際基準などの放射線防護の考え方から1000Bq以下でも問題ないという意見が出されたが、経産省は▽風評被害の防止▽セメントの出荷基準との整合性(▽サンプリングによる測定などの観点から「できる限り厳しい(安全側)の基準とするべきだ」との考え方を示し、最終的にそれが通る形となった。
また、対象製品を「砕石および砂利(真砂土および砂を含む)」、対象地域を「当面の間、福島県の浜通りおよび中通りにある採石場および砂利採取場」とすることに決まった。

 
2回目の会合で出荷基準案がまとまった

出典:日本砕石新聞 2012年2月29日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2012 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ