KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 砂

関東で砂利値上げ 〜栃木は250円、千葉は300円〜

 栃木県骨材共販協同組合連合会(鈴木利男理事長)は昨年に引き続き、生コン向け砂利・砂価格の値上げ交渉を進めている。
  05年10月頃に平均でトン200円、さらに12月から06年1月にかけて平均でトン200円の値上げを要請。さらに3〜4月をメドにトン250円程度を上積みしたい意向だ。同時に県の積算についても改定を陳情する方針だ。
  一方、隣接の茨城県でも一部で生コン向け砂利・砂の値上げが浸透してきた。
  栃木・茨城県境は砂利の埋蔵量が多く、両県にまたがって砂利を採取している業者も多い。
  茨城県内では県西地区や水戸地区で、11月出荷分から砂利・砂価格をm3あたり200〜300円値上げする動きがみられ、一部業者は回答を得た模様だ。業者数が最も多い鹿行地区でも同様の動きがみられる。
  さらに千葉県では木更津地区の山砂業者が4月からトン300円の値上げを打ち出し、顧客と交渉を始めており、値上げムードが各地に波及しつつある。

出典:アグリゲイト 2006年2月13日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2006 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME