KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム その他

「コンクリートは砕石でもつ」発刊 砕石の有用性まとめる /日砕協「PR資料として活用を」

日本砕石協会はこのほど、小冊子『コンクリートは砕石でもつ』を編集・発刊した。この冊子は、各種の試験結果や既存の文献など客観的なデータに基づいてまとめられたコンクリート用砕石の有用性を示す資料。日砕協では「ユーザー業界や設計事務所、発注行政機関などに砕石を知って貰うための資料として活用してほしい」とし、PRツールとしての活用を訴えている。

小冊子『コンクリートは砕石でもつ』(B5判・33頁)は、今年3月に設置された「乾燥収縮問題対策委員会」の下部のワーキンググループが砕石に関する各種の試験結果や既存の文献など客観的なデータに基づいて作成した資料。ユーザー業界などにおいて砕石に関する知識・理解度が低いことや、業界として試験データなどに基づいた客観的な資料がほとんどないことを受け、砕石の特性・経済性・資源性なども含め砕石についての知識をわかりやすく説明したものとなっている。
また、この冊子は(1)砕石・砕砂とその役割(2)コンクリートの品質に及ぼす砕石の特性(3)貴重な資源の有効活用を−の3章で構成されており、骨材全般の種類・品質など骨材の基礎知識をはじめ、砕石の品質や役割、資源の有効活用の観点からの骨材選定時の留意点などが説明されている。なかでも、骨子である「2章 コンクリートの品質に及ぼす砕石の特性」では、コンクリートの品質に及ぼす砕石の5つの特性(強度・耐摩耗性・耐火性・熱膨張性・耐収縮ひび割れ)を詳解しており、特に耐収縮ひび割れ特性についての項目ではページ数を割いて詳しく説明している。
日砕協では「この小冊子はユーザー業界(生コン・ゼネコン)や設計事務所、発注行政機関に砕石についての理解を深めて貰えるよう、わかりやすく作成している。得意先などに対するPR資料として大いに活用してほしい」と話している。

出典:日本砕石新聞 2010年10月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2010 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ