KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム その他

トラック・建機用タイヤを値上げ
タイヤ各社 原料高騰で今年2回目

ブリヂストン・住友ゴム工業・横浜ゴム・日本ミシュランタイヤのタイヤ各社はこのほど、トラック・バス用タイヤ(夏用・冬用タイヤ同時)、建設車両(建設機械)用タイヤの販売価格を9月から値上げすると発表している。東洋ゴム工業も10月から価格改定を行う。値上げ幅は5〜10%。
今回の値上げは、タイヤの主原料である天然ゴムが高騰を続けていることに加え、合成ゴム・カーボンブラックなど石油化学系原材料が高止まりしていることを受けたもの。各社は「企業努力での対応は困難」とし、今春に引き続き今年2回目の値上げに踏み切った。
需要減などで厳しい状況が続く骨材産業にとってはコストアップ要因となり、一層厳しさが増しそうだ。

出典:日本砕石新聞 2011年8月15日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2011 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ