KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム その他

石灰石鉱業協会『石灰石骨材とコンクリート補遺版2012』発刊

石灰石鉱業協会はこのほど、『石灰石骨材とコンクリート 補遺版2012』(A4版、32頁)を発刊した。
同書は、1989年に発行し2005年に改訂された技術資料『石灰石骨材とコンクリート』に、最新のコンクリート技術の動向を補完するために編さんされた別冊資料。石灰石鉱業協会コンクリート骨材研究会(会長=京都大学大学院教授・河野広隆氏)におけるコンクリート用石灰石骨材の特性に関する最新の技術的所見・データの収集や、様々な検討・研究の成果がとりまとめられている。
具体的には▽JIS A 5005(コンクリート用砕石及び砕砂)の改正概要▽汎用および高強度コンクリートの物性に与える石灰石骨材中の微粒分量の影響▽石灰石骨材のASRへの影響▽石灰石骨材と乾燥収縮▽石灰石骨材の硫酸塩劣化▽石灰石骨材とセメントの相互作用-などが収録されている。
また、『石灰石骨材とコンクリート』と『同補遺版2012』は石灰石鉱業協会のホームページ(http://www.limestone.gr.jp/)においてパワーポイント形式で公開されており、閲覧・入手が可能となっている。

出典:日本砕石新聞 2012年3月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2012 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME