KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム その他

砕石フォーラムを開催
日砕協 計20編の講演が行われる

日本砕石協会は10月17-18日、横浜市中区の神奈川県民ホール・小ホールで「砕石フォーラム2013」(第40回全国砕石技術大会)を開催、会員・賛助会員・来賓ら約420人が参加した。当日は安全対策と省エネルギーに関する特別講演、平成24年度研究助成事業報告や、一般講演・賛助講演など合計20編の講演が行われた。
はじめに、大会実行委員長を務める才田善之副会長があいさつに立ち、「砕石フォーラムを通じ、業界として生産技術や安全対策などのレベルの維持、向上に努めていかなければならない」と述べ、フォーラムの重要性を強調した。
その後、講演に入り、大会初日は一般講演5編、賛助講演2編の発表のほか、特別講演「ヒューマンエラー防止対策〜安全の基本ルールをいかに守らせるか」の講演が行われた。初日の講演終了後には懇親会が開催され、一般講演者に対する表彰が行われたほか、主催者を代表して井上勝次会長があいさつに立ち、「今大会も非常に参考になる講演が多かったと思う。特に特別講演の内容を踏まえ、われわれ砕石業界としても死亡災害ゼロを達成したい。会員各位には安全対策への一層の取り組みをお願いしたい」と述べた。
また、大会2日目は、24年度の研究助成事業の「砕砂の品質がコンクリートの収縮特性に及ぼす影響の簡易手法の開発に関する研究」「岩石の強度・硬さ・磨耗能の関係に関する研究」「砕石および採石場周辺における自然放射線量の解明」「砕石の表面改質によるコンクリートの性能改善および再資源化効率向上に関する研究」の4編の研究発表に加え、特別講演「効率的省エネルギーの進め〜運用改善と設備改修」の講演が行われた。このほか、賛助講演7編の講演発表が行われた。

 
フォーラム会場

出典:日本砕石新聞 2013年10月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2013 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ