KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム その他

高齢者雇用委が指針説明
日砕協 10月に砕石フォーラム

 一般社団法人日本砕石協会(西村耕一会長)はこのほど、10月19〜21日に横浜市中区山下町の「神奈川県民ホール」で開催する「砕石フォーラム2016」(第43回全国砕石技術大会〈横浜〉)の開催概要を会員事業所に配布した。
 今大会では特別講演や一般・賛助講演、研究助成事業報告など計26編の講演発表が行われるが、その内訳は▽特別講演が4件▽研究助成事業報告が3件▽一般講演が4件▽賛助講演が15件となっており、その内容も設備更新の事例報告、砕石事業所の取り組み紹介、新製品の開発など多岐にわたる。
 このうち特別講演では、国の厚生年金の支給開始年齢の引き上げや高齢者雇用安定法の改正、採石業における人手不足解消を図るための対策の一環として、日砕協が高齢者の継続雇用推進を目的に設置した『採石業高齢者雇用推進委員会』の奥西好夫委員長(法政大学経営学部教授・学部長)が「採石業における高齢者の雇用について」の演題で講演し、同委員会の活動報告を行うとともに、現在作成中の「ガイドライン」(採石会社が高齢者雇用推進に取り組む際の手引き)の内容を説明する。また、このほかの特別講演は▽NEXCO3社における特定更新事業と高速道路舗装の損傷について(講演者=高速道路総合技術研究所道路研究部舗装研究室室長・高橋茂樹氏)▽アスファルト舗装用骨材に関するJIS・道路協会規格とNEXCO規格の異なりを考える(同=西日本高速道路技術本部技術環境部技術主幹・本松資朗氏)▽軟弱地盤に適用可能な砕石副産物を用いる道路材料の開発と性能評価(同=佐賀大学准教授・末次大輔氏)の3件となっており、いずれも道路関係の講演が行われる。
 さらに研究助成事業報告は、27年度に選定された砕石微粉の活用やASRなどの3件の研究の成果報告が行われる。
 このほか、今大会では、1.神奈川県央の砕石・再生骨材JIS工場A東京都大田区・城南島の再生骨材等の処理施設の2コースの見学会を企画。日砕協では「どちらのコースも砕石・再生骨材の先進の技術・知識が学べるものとなっている。奮って参加してほしい」としている。

 

出典:日本採石新聞 2016年8月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ