KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

生コン粗骨材 砕石が70%超に
全国で砕石に移行へ

 全国の生コンが昨年使用した粗骨材のうち7割が砕石だった。砕石の使用比率は1998年に比べ5.5ポイント上昇し、72.4%となった。砕石の使用比率が少なかった北海道、東北で10ポイント以上、上昇している。(下図参照)
  北海道では、この6年で粗骨材に占める砕石の割合が、10.2ポイント上昇し48.9%となった。河川砂利は6.7ポイント、山陸砂利は3.4ポイント減少した。
  東北では、13.4ポイント上昇し74.6%となった。秋田県では、2003年度から粗骨材の品質基準を強化した影響で、砂利から砕石への移行が進み、砕石の使用比率は40.3ポイント増の64.1%となった。
  茨城県、栃木県でも砕石の使用割合が増加した。茨城県で21.8ポイント、栃木県は7.9ポイント上昇した。両県は砕石の産地で、今も骨材を首都圏に供給しているが、03年に首都圏で施行されたディーゼル車排出ガスの影響で、首都圏に移入できなくなった一部のダンプが、他の地域へ供給するようになったためとみられる。茨城県では河川砂利、山陸砂利の減少分を砕石がカバー。栃木県では河川砂利は減ったが、山陸砂利はほぼ横ばいとなった。長野県は全国で唯一河川砂利が増加した。首都圏(一都三県)では砕石の比率が90%前後となっている。
  富山県では、河川砂利、山陸砂利が使用されており、砕石は使用されていない。ただ、県産骨材の中で、アルカリ骨材反応試験で「無害でない」骨材があることから、富山県生コン工業組合では、使用骨材に関わらず、対策を進めている。
  静岡県、岐阜県では、河川砂利が60%台後半で推移しているが、両県とも6年前に比べると3〜4ポイント減少している。静岡県ではその分砕石が増えた。岐阜県では山陸砂利が増えた。
  近畿は、砕石が77.5%で、大阪では100%となった。奈良県では砕石が22.2ポイント上昇し、50%を超えた。急速に砕石へと移行が進んでいる。
  元々、砕石の使用比率が高い中国では、鳥取県が砕石100%、島根県、山口県でもほぼ100%近い。全体でも1.4ポイント上昇し97.4%だった。
  四国は徳島以外、90%前後が砕石。徳島は河川砂利が45.9%ある。
  九州では、98年の段階で砕石の割合が90%を超えていたが、この6年でさらに3.3ポイント増やし96.1%に達した。福岡県、佐賀県、長崎県では100%砕石だった。河川砂利、山陸砂利の割合も減少しており、砕石がさらにシェアを伸ばしそうだ。
  経済産業省の「生コンクリート統計4半期報」の原材料消費内訳をもとにして、1998年と2004年に生コンで消費した粗骨材を比較した(「生コン四半期報」は混練能力が月産1万4000m3以上の事業所が対象)。

2004年(1〜12月)生コンにおける砂利の消費量〔経済産業省経済産業局別〕 (数量単位は千トン)
河川砂利 山陸砂利 砕石 合計
04年数量 04年割合 98年割合 04年数量 04年割合 98年割合 04年数量 04年割合 98年割合
全国 13,290.9 14.7% 17.7% 11,648.2 12.9% 15.4% 65,512.1 72.4% 66.9% 90,451.2
北海道 944.8 18.0% 24.7% 1,738.0 33.1% 36.5% 2,565.8 48.9% 38.7% 5,248.6
東北 637.3 9.0% 16.3% 1,159.0 16.4% 22.5% 5,276.6 74.6% 61.2% 7,072.9
関東 6,392.3 19.3% 21.8% 3,375.5 10.2% 14.4% 23,436.3 70.6% 63.8% 33,204.1
中部 3,204.1 32.3% 38.4% 3,591.8 36.2% 37.2% 3,133.5 31.6% 24.0% 9,929.4
近畿 1,249.4 11.7% 15.1% 1,149.2 10.8% 14.2% 8,257.5 77.5% 70.8% 10,656.1
中国 57.0 0.9% 2.7% 102.8 1.7% 1.3% 5,964.5 97.4% 96.0% 6,124.3
四国 657.6 13.0% 14.9% 187.5 3.7% 1.8% 4,199.6 83.2% 83.2% 5,044.7
九州 129.9 1.2% 2.4% 306.0 2.8% 4.8% 10,613.6 96.1% 92.8% 11,049.5
沖縄 18.4 0.9% 2.1% 38.2 1.8% 0.2% 2,064.7 97.3% 97.8% 2,121.3

出典:コンクリート工業新聞 2005年4月21日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2005 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME