KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

建設経済研究所見通し 〜06年度建設投資は2.2%減の51.7兆円〜
05年度は9年ぶり増加 06年度本紙試算セメントは5700万トン
建設投資とセメント原単位の推移
年度 建設投資 セメント(原単位)
億円 前年比 千トン 前年比 トン/億円
1995 790,169 100.3 80,377 100.8 101.7
96 828,077 104.8 82,417 102.5 99.5
97 751,906 90.8 76,573 92.9 100.8
98 714,269 95.0 70,719 92.4 99.0
99 685,039 95.9 71,515 101.1 104.4
2000 661,955 96.6 71,435 99.9 107.9
01 612,875 92.6 67,811 94.9 110.7
02 568,401 92.7 63,514 93.7 111.7
03 539,400 94.9 59,687 94.0 110.6
04 527,700 97.8 57,569 96.5 109.1
05 528,100 100.1 58,500 101.6 110.8
06 516,700 97.8 57,000 97.4 110.3
(注) 建設投資は名目。05年、06年度は建設経済研究所の見通し。
05、06年度のセメント需要はセメント新聞社見通し

 建設経済研究所が24日発表した建設投資見通しによると、05年度の総額(名目)は52兆8100億円で前年度比0.1%増と1996年度以来9年ぶりにプラスとなる見通しだ。続く06年度は51兆6700億円で2.2%減少する見通し。政府建設投資が一般公共事業、災害復旧対策とも減少するため7.7%減と05年度より下げ幅が拡大することが響く。この見通しを基にすると、セメント需要は05年度見込み5850万トンに対し、06年度は5700万トンの見通しとなる。

 05年度の建設投資は、昨年10月発表では0.6%減とされたが、3400億円上方修正され、プラスに転じる見込みとなった。また、06年度見通しは同発表より8000億円上方修正された。
  05年度の政府部門は19兆8500億円で5.8%減の見通し。04年度補正予算による災害復旧事業により下げ幅は縮小したが、85年度以来20年ぶりに20兆円割れとなる。95年度のピークに対し56%の水準だ。
  民間部門は32兆9600億円で4.0%増と2年連続のプラスとなる見通しだ。住宅着工戸数が2.7%増の122万6千戸となり、民間住宅投資額が2.2%増加。非住宅投資は企業業績の改善を背景に設備投資の増加が続き、6.5%増となる見通しだ。
  06年度は政府部門が18兆3200億円で7.7%減少する見通し。国の公共事業関係費が4.4%削減され、地方単独事業も減少する。05年度補正予算(国会審議中)で災害復旧対策費(5700億円)が計上され、そのほとんどが06年度に繰り越されるが、前年度補正(1兆3600億円)に比べると大幅に減少することも響く。
  民間部門は33兆3500億円で1.2%増加する見通し。住宅投資は着工戸数が1.3%減少して121万戸となるため0.3%減となる。一方、非住宅投資は、設備投資の増加に伴い事務所、工場など着工床面積の大幅増が続き、3.1%増となる見通しだ。
  この見通しを基にすれば、05年度のセメント需要が5850万トンの場合、建設投資1億円当たりは110.8トン(04年度109.1トン)と上がる。原単位が高い災復工事のウエートが増したことによるものと見られる。06年度は災復工事が減少して原単位が110トン程度と仮定すれば、セメント需要は5700万トンの見通しとなる。

出典:セメント新聞 2006年1月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2006 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME