KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

世界のセメント需要/05年は22億9600万トン〜アジアで67%消費

 2005年の世界(190か国)のセメント需要は前の年に比べ7.5%増の22億9600万トンなった。アジア(41か国)の需要拡大が続いており、8.1%増の15億4100万トン、世界シェアは67.1%と0.4ポイントアップした。中国の1億トン増が大きいが、インドも成長著しく米国を抜いて世界第2位のセメント消費国となった。欧州セメント協会のまとめによる。

 世界のセメント需要は01年以降、毎年1億トン以上増えており、04年には21億3600万トンと20億トンの大台を軽々と突破した。中国の経済成長と連動しており、96年は4億8200万トンだったのが、01年6億2100万トン、03年8億900万トン、05年10億2800万トンと9年で2.1倍に膨張した。世界シェアも96年32.6%から05年44.8%と12.6ポイントアップした。
 インドも01年から目立って需要が増えており、02年に1億トンを超え、04年1億1800万トン、05年1億3100万トンとなった。中国、インド両国で世界シェアの5割を占める。
 アジア以外でもセメント需要は増えている。ヨーロッパ(51か国)の05年の需要は3億7100万トンと4.8%増えた。このうち西欧は3%増の2億7600万トンと4年連続で増加、東欧も10.5%増の9500万トンとふたたびプラスになった。
 アメリカ(37か国)の需要は6.6%増の2億6000万トンだった。米国が牽引役で、5.8%増の1億2700万トンと3年連続で増加した。中南米(35か国)は長く1億1000万トン台で推移していたが、05年は7.8%増の1億2400万トンと大幅な伸び。
 アジアでは、中東(14か国)で1億トン台を突破した。アセアン(10か国)も99年の7700万トンを底に、02年に1億トン台に回復、04年に経済危機前の水準に戻り、05年は2.6%増の1億1800万トンとなった。アフリカ(52か国)の需要も漸増しており、03年に1億トン台に乗り、04年1億200万トン、05年1億1200万トンとなった。

出典:コンクリート工業新聞 2007年5月10日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2007 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME