KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

石灰石鉱業協会/32年ぶりの低水準/09年度の石灰石需要

石灰石鉱業協会(鮫島章男会長)はこのほど、2009年度の需要見通し、08年度の需要見込みを公表した。これによると、09年度の需要は7.4%減の1億4345万7千トンと、32年(1976年)ぶりに1億5千万トンの大台を割り込む見通し。セメント向けは6740万8千トン、コンクリート向けは8.1%減の2897万トンとなる。一番落ち込みが大きいのは鉄鋼向けで、11.1%減の1824万6千トンと想定している。
08年度の石灰石需要は前年比7.7%減の1億5498万トンになる見込み。これまで需要を牽引していた鉄鋼向けが10%減となるなど、世界景気の悪化の影響を受けた。セメント向けは5.5%減の7171万4千トン、コンクリート向けは7.2%減の3150万6千トンとなる。
08年度の生産量は7.7%減の1億5114万トン、09年度は1億4千万トンの見通し。生産量も1976年度の水準となる。

出典:コンクリート工業新聞 2009年4月9日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2009 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ