KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

21年度第1四半期の建築着工統計/国交省 着工数の落ち込み深刻

国土交通省がこのほど発表した「建築着工統計」によると、平成21年度第1四半期(4-6月期)の新設住宅着工件数は前年同期比31.9%減の19万7271戸と前年実績を大幅に下回るとともに、20万戸を割り込んだ。景気後退に伴って住宅・設備などの建設工事が延期または中止となるなど、住宅市場が急速に冷え込んでいることが要因。
特に「分譲住宅」のうちの「マンション」は、消費者の購買意欲の低下(成約件数の低迷)に伴う新規マンションの着工抑制が顕在化するなど大きな影響を受けており、同期の着工件数は64.9%減の1万7840戸と、前年同期と比べ約三分の一にまで落ち込んだ。

出典:日本砕石新聞 2009年8月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2009 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ