KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

平成24年度建設投資見通し 震災復興などで2.9%増の46兆円
建設経済研/経済調査会 震災復興で増加見込む

平成24年度の建設投資額(名目)は2.9%増の45兆9300億円となり、2年連続で増加する見通しとなった。建設経済研究所および経済調査会経済調査研究所がこのほど発表した「建設経済モデルによる建設投資の見通し」(2011年10月)による。これは3月に発生した東日本大震災に伴う復旧・復興工事の本格化や、23年度補正予算の繰越分などによって官需が増加することに加え、民需も回復基調が続くことなどを受け、建設投資額が約46兆円にまで回復すると予測したもの。建設投資額の内訳は、政府投資が1.1%増の18兆9900億円、民間建設投資が4.2%増の26兆9400億円としている。
こうした背景を受け、ユーザー業界では「都市部・被災地中心」「東高西低」など地域に差があるとしながらも需要が増加するとみており、総出荷もプラスを見込んでいる。このため、砕石の需要も地域偏在は出るものの底を打ち、増加に転じることになりそうだ。

出典:日本砕石新聞 2011年10月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2011 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME