KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

2012年度の建設投資見通しは44.8兆円に下方修正

建設経済研究所および経済調査会経済調査研究所は1月25日に「建設経済モデルによる建設投資の見通し」をとりまとめ、2012年度の建設投資額(名目)が前年度比2.3%増の44兆8300億円になるとの見通しを発表した。震災復旧・復興に伴う公共工事の増加や民需の回復基調の継続によって2年連続のプラスを予測したが、東日本大震災の復旧・復興工事が想定よりも遅れていることなどを受け、投資総額は前回調査時と比べ1兆円以上下方修正された。
また、建設投資の内訳は▽政府投資が0.7%増の18兆4400億円▽民間投資が26兆3900億円と予測した。

出典:日本砕石新聞 2012年2月15日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2012 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME