KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

全生連「平成24年度の生コンクリートの需要見通し」を上方修正

全国生コンクリート工業組合連合会、同協同組合連合会はこのほど、「平成24年度の生コンクリートの需要見通し」が前年度見込み比1.6%減の8653万4000m3となると発表した。東日本大震災の復興工事や台風・水害などの災害復旧工事、民需の回復などに伴い、各地で当初想定を上回る出荷となっていることを受け、このほど需要想定の見直しを行ったもの。当初想定と比べ約450万m3の上方修正となる。
全生連は「今回の想定もかなり堅い見通し。現在の水準で需要が推移すれば、今年度は9000万m3を超える可能性が高い」としており、さらなる上積みがあるとみている。
官民別では、官公需が2.4%減の3735万7000m3、民需が1.0%減の4917万7000m3としている。

出典:日本砕石新聞 2012年11月15日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2012 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME