KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

平成24年度上期の石灰石出荷量前年同期比5.6%増

石灰石鉱業協会がこのほど発表した平成24年度上期(4-9月期)の出荷・生産量実績によると、同期の出荷量(国内)は前年同期比5.6%増の6606万4000トンとなり、前年同期実績を上回った。東日本大震災に伴う復興工事や一部地域で堅調な民需の状況を受け、建設向けが好調だったためだという。また、生産量は5.6%増の6899万トンと増加した。
上期の出荷量のうち、コンクリート骨材用は7.6%増の1500万8000トンと3年連続で増加。主力のセメント用も被災地で需要が旺盛となっていることを受け、5.3%増の2957万1000トンと増加した。
このほか、▽道路用が19.2%増の207万2000トン▽鉄鋼用が2.3%増の976万トン▽石灰用が3.7%減の454万2000トン▽ソーダ・ガラス用が0.5%増の49万5000トン▽その他用が14.7%増の461万6000トンとなり、用途別では唯一石灰用が前年実績を割り込んだ。

出典:日本砕石新聞 2012年11月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2012 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME