KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

2013度建機出荷額は約2.2兆円
建機工 建機需要の見通しを発表

日本建設機械工業会は2月27日、2012度の建設機械の出荷金額(補給部品は含まない)が前年度比3%減の2兆139億円となり、3年ぶりに前年同期実績を下回るとの見通しを発表した。国内は東日本大震災の復興事業などを背景に好調が続いているが、海外は中国市場の急激な冷え込みを受け二桁減となったことを受けたもの。一方、2013年度は海外市場が持ち直すと予測し、7%増の2兆1645億円となり、統計開始以降過去2番目に高い出荷額になると予測した。
また、2013年度の出荷金額の内訳は、国内が9%増の7455億円、海外が7%増の1兆4190億円と予測。機種別(国内)では▽油圧ショベルが12%増の2694億円▽トラクタが4%増の920億円▽油圧ブレーカ・油圧圧砕機が8%増の146億円▽その他の機械が同6%増の605億円と見通した。

出典:日本砕石新聞 2013年3月15日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME