KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

リスクアセス実施率が上昇
日砕協 25年度調査結果まとめる

 平成25年度末における日本砕石協会会員事業所のリスクアセスメント実施率は、前年度と比べ4.8ポイント上昇の53.4%となった。また、事業所数ベースでは前年度と比べ45事業所の381事業所がリスクアセスメントを実施していたことが分かった。日本砕石協会がこのほどまとめた「平成25年度労働災害動向集計」による。報告書の提出事業所数は714事業所だった。
 日砕協では「今回リスクアセスメント実施(導入)事業所数が平成24年度末と比べて増加する結果となったが、まだ未導入の事業所においては改めて早期の導入をお願いしたい。また今年に入り、死亡災害が増加しているため、導入済みの事業所においては定期的にリスクアセスメントを実施し、リスクの洗い出しと対策樹立を行い、安心・安全な職場づくりを目指してほしい」としている。

出典:日本砕石新聞 2014年6月15日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2014 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ