KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 統計

需要回復の兆し見えず
27年4月のユーザー出荷 生コン・合材とも減少

 全国生コンクリート工業組合連合会、同協同組合連合会はこのほど、4月の生コンクリートの出荷量が前年同月比6.9%減の
720万8000m3と大幅に落ち込むとともに、7カ月連続で前年同月実績を下回ったと発表した。昨夏から続く需要減に歯止めがかからない状況にある。全生連では「物件自体はあるが工事遅延などが影響している。このため5月も速報ベースで減少の見込み」だという。また、都道府県(大阪・兵庫は1府)では、震災復興関連需要のあった東北地方や再開発工事が旺盛な東京都などの14都県で前年実績を上回る結果となった。
 一方、日本アスファルト合材協会はこのほど、4月のアスファルト合材の製造数量(速報・会員のみ)が11.9%減の248万2000トンとなり、12カ月連続の減少となったと発表した。需要回復の兆しが見えない状況にあるという。都道府県別では、12道県が前年同月実績を上回った。

 

出典:日本採石新聞 2015年5月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ