KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 価格

燃料や製造コストの高騰により東海地区の砕石も値上げ 〜05年12月からトン300円〜
東海地区 砕石も値上げ 12月からトン300円 燃料、製造コスト高騰

 東海砕石販売協同組合(鶴田欣也理事長)は12月1日出荷分から生コン用砕石と合材用砕石をトンあたり300円、下層用砕石と割栗石をm3あたり300円それぞれ値上げする。加盟各社は11月から、生コン会社など得意先と個別に交渉に入った。
  愛知県尾張地区、岐阜県美濃南部地区、三重県北勢地区の砕石事業者で構成する東海砕石販売協組は、10月21日に名古屋市東区の砕石会館で開催した17年度全体会議で、値上げの方針を決めた。
  原油価格の高騰により輸送コストは上昇、機械設備の部品など製造コストもアップしていることに加え、近く行われる採石法施行規則改正施行により採石跡地の緑化対策が厳しくなることで環境対策費が上昇することなどを理由として挙げている。
  名古屋地区では同様に砂利業界も10月1日出荷分からトンあたり300円の値上げを打ち出し、生コン業界と交渉を始めている。
  名古屋市内の生コン市況は員外社との競合から長年低迷が続いてきた。そのしわ寄せを受けて骨材価格は下落。コスト転嫁もままならない状況にあった。また、近年は道路向けにおいては、再生骨材に需要を奪われる形でバージン材の出荷も減少、企業経営は危機的状況に陥っている。各社とも生き残りをかけて値上げに全力を挙げており、今後の動向が注目される。

出典:セメント新聞 2005年11月28日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2006 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME