KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 価格

砕石市況〜東京で150円アップ

13年ぶりに値上がり
 東京のコンクリート用砕石(2005)の建設物価調査会の表示が、4月号から150円アップし3550円/m3となった。多摩地区(調布、八王子)および埼玉県内(さいたま、所沢、熊谷、秩父)でも150円上昇した。値上がりは13年ぶり。
 東京の砕石価格は、90年代前半は3000円台後半で推移していたが、94年5月に施行された改正道交法により過積載に対する取り締まりと罰則が強化されたことから同年6月に600円アップし4300円、翌7月にはさらに500円上昇。9月にも300円アップし、5100円となった。しかし、翌95年2月から徐々に下がり、02年6月に3400円となったのを底に低迷が続いていた。

骨材に関するパネル討論会を開催〜JCI
 日本コンクリート工学協会(JCI)は7〜9月に6都市で「骨材の品質とその有効利用」に関する講習会を開催する。05年4月から2年間活動した「骨材の品質と有効利用に関する研究委員会(委員長・國府勝郎前首都大学東京大学院教授)」の研究成果を報告し、「骨材に関する基準の課題と見直し案」をテーマにパネル討論会を行う。
 パネラーは同委員会委員のほか、発注者や生コン、骨材生産者を予定している。参加費は正会員8000円、団体会員1万円、会員外1万2000円、学生5000円(テキスト代、税込み)。問い合わせはJCI管理課・大野氏(TEL03・3263・1571)。
 委員会報告は(1)アンケートをもとに、骨材の使用実態、品質の現状などを概説(2)骨材の品質とフレッシュコンクリートの性能(3)骨材の品質が硬化コンクリートに及ぼす影響について行う。講習会の実施日および開催地域は次のとおり。
 7月5日=東京・品川総合文化会館▽19日=大阪・大阪国際交流センター▽24日=福岡・福岡自治会館
 8月3日=仙台・ハーネル仙台▽22日=広島・未定
 9月5日=札幌・札幌市教育文化会館

出典:アグリゲイト 2007年4月9日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2006 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME