KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 価格

栃木の値上げ 最大400円浸透
輸送力不足への理解進む
満額確保に向け交渉継続

栃木県の砕石各社が4月から打ち出していた値上げの浸透が進んでいる。
各社は資機材や燃料の高騰、安定供給対策(減少するダンプカーの確保)の実施などを受け、生産コストの上昇と安定供給を図るため、4月出荷分から生コン・アスコン向けの製品について土場渡しでトン当たり100円程度、工場持ち込みでトン当たり500円程度の値上げを打ち出し、ユーザーとの交渉を進めていたが、相次いで有額回答が出ているもの。
急速に進むダンプ不足の深刻さをユーザー側がようやく認識したことなどが要因であり、ある関係者は「土場渡しは値上げが浸透し、工場持ち込みも首都圏向けを中心にユーザーとの距離や納入条件で異なるものの100〜400円程度の回答を得ている」と値上げの浸透が進んだと話す。
ただ、今回の値上げは砕石事業を継続して行く上で最低限必要な生産・輸送コストを試算したものであるため、「満額回答が得られるように今後もユーザーと粘り強く交渉を行っていく」(同)としており、下期からは積み残し分の獲得に向けた話し合いを行っていく考えを示した。

出典:日本砕石新聞2013年5月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2013 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME