KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集

HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 価格

10月からトン300円値上げ
東京の砕石各社ダンプの確保対策などで
発生土も10月から2割アップを要請

東京都の砕石事業者が砕石の製品価格を10月出荷分からトンあたり平均で300円程度値上げする。これは昨秋に電気料金や軽油価格の値上げを理由に打ち出した砕石値上げの積み残し分をユーザーに要請するもの。砕石を運搬するダンプトラックの台数が日を追うごとに減少し、その運搬力が深刻な状況に加え、生産調整や同業他社の倒産などに伴って砕石製品の品薄感も増しているため、大型工事が始まる秋口以降に「(輸送面・製品面で)需要に応えられなくなる可能性がある」(都内のある砕石事業者)としており、各社はユーザーに値上げへの理解を求めていく考えだ。
また、都内で建設発生土の受け入れを行っている砕石事業者は10月から建設発生土の受け入れ価格を値上げする。ダンプ不足に伴う輸送費の上昇やコスト管理の適正化などが要因で、値上げ幅は現状の単価の2割程度(第3種建設発生土については約6割程度)としている。

出典:日本砕石新聞2013年8月15日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2013 Komatsu Ltd. All rights reserved. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ
HOME