KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 価格

来年度建設投資は46兆円
 建設経済研ら 民需は1.9%増を予測

 建設経済研究所および経済調査会経済調査研究所は7月24日に「建設経済モデルによる建設投資の見通し」を発表し、2015年度の建設投資(名目)が前年度比3.8%減の46兆200億円となり、2年連続で前年実績を下回ると見通した。
 このうち、政府投資は住宅投資が前年度並みとなるものの、非住宅投資および土木投資がともに二桁の落ち込みを示すとし、12.2%減の17兆1600億円となると予測した。
 一方、民間投資が1.9%増の28兆8600億円と見込んだ。この内訳は▽住宅投資が1.8%増の16兆600億円▽非住宅投資が2.6%増の8兆6500億円▽土木投資が0.9%増の4兆6300億円としており、いずれも増加に転じるとしている。

出典:日本砕石新聞 2014年7月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) 2014 Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ