KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 安全

労働災害罹災者数が過去最少に
石灰石鉱業協会 24年災害状況報告まとめる

石灰石鉱業協会はこのほど、「平成24年石灰石鉱山における災害の発生状況」(確報)をとりまとめた。それによると、24年の石灰石鉱山の労働災害罹災者数は前年比4人減の12人となり、過去最少を更新した。罹災者の内訳は▽死亡者が1人(前年は1人)▽重傷者が9人(同14人)▽軽傷者が2人(同1人)だった。
同協会では「24年の災害発生件数は過去最少を記録したが、保安対策はモグラたたきのようなもの。気を緩めれば災害が発生する。良い結果が出た時こそ気を引き締め、各事業所において保安意識の向上を図るとともに、保安対策に不断の努力を続けてほしい」としている。

出典:日本砕石新聞 2013年3月15日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ