KOMATSU
経営・技術イノベーションコマツ・ソリューション鉱山採石テクノロジ業界情報インフォメーション耳寄りリンク集
HOME
HOME > 業界情報 > SAISEKIコラム
業界情報
SAISEKIコラム 安全

4安全衛生推進者養成講習を実施
法定資格取得し安全拡充
山梨県山砕石協組 組合員11社22名に修了証

 山梨県山砕石事業協同組合(千野進理事長)が砕石業界では初の試みとなる「安全衛生推進者養成講習」を実施した。4月9日、17日に山梨県労働基準協会連合会(都道府県労働局の登録機関)の協力のもと、資格取得のための法定講習が行われ、講習を受講した組合員11社の採石業務管理者ら22人に修了証が交付された。
 安全衛生推進者は、労働安全衛生法で10人以上〜50人未満の事業所の場合に選任が必要(努力規定)とされている。その職務は、労働者の危険または健康障害を防止するための措置や労働者の安全または衛生のための教育、労働災害防止の原因の調査及び再発防止対策などを行うこととされている。ただし、あくまで選任が努力規定であるため、砕石業界では安全衛生推進者を選任していない事業場もある。
 こうした中、山梨県山砕石協組は、採石災害の防止だけでなく労働安全衛生法の面から安全衛生管理について修学するとともに、法定資格を取得し責任の明確化を図ることにより、労働災害の撲滅に向けて組合員事業所での安全衛生対策を拡充していくために今回講習を実施した。

 


出典:日本砕石新聞 2015年4月30日

このページのトップへ

採石コラム記事一覧業界情報インデックス

Copyright (C) Komatsu Construction Equipment Sales and Service Japan Ltd. ご利用上の注意 | お問い合わせ | サイトマップ